年表


1630年( 1才) 福岡城内に生まれる。

1638年( 8才) 父・貝原寛斎に従い飯塚に移り住む。

1642年(13才) 母と死別する。

1648年(19才) 二代藩主・黒田忠之に使える。

1649年(20才) 忠之より「閉門半月、謁見不能四ヶ月」を命ぜられる。

1650年(21才) 浪人となる。

1656年(27才) 父のとりなしで復帰し三代藩主光之に仕える。

1657年(28才) 藩命で京都に遊学する。

1668年(39才) 秋月藩士・江崎広通の娘・初(後の東軒)と結婚する。

1671年(42才) 藩主光之に「黒田家譜」の編纂を命じられる。

1678年(49才) 「黒田家譜」完成する。

1679年(50才) 宮崎安貞の「農業全書」の刊行に協力し、序文を書く。

1695年(66才) 「花譜」刊行する。

1700年(71才) 藩公務を引退する。

1703年(74才) 「筑前國続風土記」を四代藩主・黒田綱政に献上する。

1704年(75才) 「菜譜」を刊行する。

1709年(80才) 「大和本草」を刊行する。

1710年(81才) 「和俗童子訓」を執筆する。

1713年(84才) 「養生訓」を刊行する。妻の東軒、死去。

1714年(85才) 死去。墓は中央区今川にある曹洞宗金龍寺。

 1716年 「女大学」が刊行される。